安全で快適な暮らし | 介護関係の仕事をより快適にする〜快適ジョブスタイル〜

安全で快適な暮らし

バリアフリーの必要性

高齢化の時代になり、手すりの設置などと同様にバリアフリーへのリフォームも増えています。現在は特に必要性を感じていなくても、将来的なことを考え早めにリフォームする家庭も多くなっています。 加齢により体力の減少や足腰が弱くなっている高齢者、または傷害がある者にとっては、小さな段差でもケガなどの原因になりとても危険です。車椅子や杖などを利用している場合も同様です。 高齢者や障害がある者が出来るだけ自立した生活を送り、転倒などで寝たきりになったりせず安全に暮らすために、バリアフリーへのリフォームはとても重要な意味があります。 他の家族にとっても、高齢者や傷害がある者が健康で快適に生活できることは幸せであり大切なことです。

リフォーム業者を選ぶ方法

最近ではリフォームする家庭が増えているため、それを請負うリフォーム業者も多くなっています。自分たちの希望する内容と予算に合った信頼できる業者を選ぶ必要があります。 大きな業者だから良いということではなく、大切なのはその内容や実績です。リフォーム会社と銘打っていても、いろいろな業者があります。建築業許可や団体加盟の有無、これまでの工事実績を調べ、バリアフリーへのリフォームが得意とする業者を探すと良いでしょう。 バリアフリーへのリフォーム見積は複数のリフォーム業者から取り、予算に合っているか・希望するような工事内容か・アフターフォローの内容はしっかりしているかなど、比較検討しながら依頼する業者を見つけます。