工夫するための技術 | 介護関係の仕事をより快適にする〜快適ジョブスタイル〜

工夫するための技術

頂く側も作る側も喜ぶレシピ

介護食のレシピは毎日毎食続くもので、時に限界を感じてしまう事もあります。 それで簡単に済ませてしまったり、無理をして疲れ果ててしまったりと、悪循環に陥る例も少なくありません。 そのような例では、介護食を頂く側も作る側も不快感に包まれ易く、健康上に宜しいとは言えません。 せっかくの心を込めた介護食でも、そうあっては勿体無い事です。 そのような事にならない為に、介護食のレシピは材料からの工夫も大切です。 例えば嚥下が困難な方へのレシピの場合、飲み込み易い食材で調理後にフードプロセッサーにかける等幾つかの手間が必要となります。 加えてご病気を配慮した内容やご高齢の方向けの栄養バランスを考えて等、数々に気を配る必要もあります。 そういった過程を簡略化するものに、パウダータイプやペースト状等の製品を使う方法があります。 それは食品の性状に応じて多くの食材で販売されていて、身近な所では大豆のパウダータイプであるきな粉や、主にネットでの販売が豊富な野菜のパウダータイプやお肉や魚と野菜のペースト状等もあります。 こういったものを利用して、混ぜる、加熱するといっただけの調理のステップを簡略化するのも一つの方法です。

見た目に美しいとろける介護食

介護食は、見た目に通常食と刻み食、流動食と大まかに分けられます。 それは医学的判断や嚥下や他の体の状態に応じて選択されます。 それで出される食事には見た目にかなりの差があり、流動食ともなると説明を受けなければ何の料理かわからない程です。 それを介助によって口に運ぶ場合は、状態に応じて幾つかの料理を混ぜる事もあります。 それは見た目にもお味としても望ましいとは言えず、しかし止むを得ないといった状況が長く続いていました。 そのような中で、見た目に通常食と変わらず、頂くと流動食のような食感の介護食のレシピが考案されています。 それは技術を用いてお食事を軟らかくされたもので、焼き魚も煮物も見た目に通常食と変わらないのです。 それは見た目に食欲をそそり、喜びをも齎すと好評です。 これに倣い、見た目に力を入れる介護食が増えています。 これからもより一層介護食は、豊かに発展しそうです。