安全で快適な暮らし

バリアフリーは、お年寄りを暮らしやすくしてくれます。高齢化になっている今では、住宅をバリアフリーにリフォームする家庭も多いです。バリアフリーにリフォームすることは、住む人みんなを安全で快適な暮らしに導いてくれるでしょう。

▶もっと読む

工夫するための技術

介護職のレシピを考えるのは大変ですが、工夫するための技術で様々なテクニックを取り入れられます。パウダータイプの製品が販売されていることに目を向けたり、見た目に気を配ったりすることがその例として挙げられます。

▶もっと読む

システムの変化

介護保険の請求方法は、ネットでの請求が効率的です。しかし最近では、介護ソフトを使用し請求する方法も増えてきています。普及も進み、請求の支援システムも出来たことから、どんどん定着していっています。

▶もっと読む

働きやすい服装

介護するにあたってのユニフォームの重要性

介護を必要とされる方が年々増加しています。この記事を読んでいるみなさんの周りにも身近な問題になってきているのではないでしょうか。 介護とは人と人とのふれあいでもあります。手をとったり支えたり。 すると介護は、するほうもされるほうも笑顔でありたいですよね。 介護と一口に言っても、種類は様々です。 排泄、食事、入浴、運動やリハビリ、散歩に付き添うのも介護のひとつですね。 かがんだり中腰になったりきつい体勢にもなることが多いと思います。 やはり動きにくい服では思うような介護はできません。 される側もしんどくなるでしょうし、安心して身体を預けることができません。 介護には適した服装があるということをここでご説明しましょう。

実際に適した服装はどういうものか

上記にもありますように、介護の動作は、かがんだり中腰になったりと普段ならないような格好にもなります。 実際に適したユニフォームとはどいいうものがいいのでしょうか。 立ったり座ったりしやすい伸縮性のあるストレッチタイプのものがいいでしょう。 また、食事や排泄介助などで汚れる場合もあるので洗ってもすぐ乾くもの、ジャージー素材ユニフォームが多いようです。 室内では空調も効いているので半袖ポロシャツの場合が多いようです。 汗もかきやすいですから、吸湿性に優れたものがいいですね。 最近は機能性だけでなく見た目にも鮮やかな色や柄のユニフォームも増えています。 チェック柄や花柄のようなものもあります。気持ちも明るくなりそうですね。 適したユニフォームで介護をする側もされる側も気持ちよくすごせるように吟味して選びましょう。